男の人

開業のススメ【ハウスクリーニングの安定経営を図る】

  1. ホーム
  2. メリットとデメリット

メリットとデメリット

相談

医師として働くには、大きな病院や大学病院に勤めるが、自分で開業するかの二つの方法に分かれます。大抵の医師は、はじめのうちは勤務医として働き、経験を積むことになりますが、いずれ独立して開業医となることを夢見る人も多いでしょう。開業医として自分の病院を経営する場合、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
まず独立して開業医となった場合、その病院の経営方法や方針を決定するのは自分です。プライベートな時間が多くほしいという人は、休日を増やして診察時間を減らすなど、自分の裁量で決めることができるのです。また、新たな診察方法を取り入れたり、自分に合う医療機器を購入したりと、勤務医ではできなかったことが可能となります。勤務医の頃から開業医としての理想がある人には、自分のスタイルを実現できる病院経営は、大きなメリットだといえるでしょう。生まれ育った地域に医療という形で貢献できる上に、勤務医の頃よりも収入がアップするという点も魅力的です。
その代わり、医師が自分しかいない場合は、体調を崩したり学会に参加するとなると病院を占めなければいけないというデメリットもあります。また、集患や増患など、自分で見る患者は自分で調整しなければいけないのも難しいところです。病院とはいえ、その責任は会社経営者と変わりません。万が一トラブルが起きた場合には、自分が前に出て対処しなければいけないのです。また、経営が順調にいけばいいですが、経営難に陥ったり、高い医療器具を購入するとなると、資金繰りに悩むことになります。メリットとデメリットをよく比較した上で、開業するか否か判断して下さい。